眠りの研究室Dream labo

ポケットコイルの秘密

ドリームベッドのポケットコイルは豊富なバリエーションが特徴

多くのお客さまから評価いただいているドリームベッドのポケットコイルマットレス。

スプリング一つひとつが独立し袋内に収容されたポケットコイルは、体を点で支え体圧を分散させるため、不自然にくぼんだり(腰が沈んだ状態)、体を押し上げることがありません。

ドリームベッドでは、たる型のポケットコイルを使った交互配列、並行配列の2タイプと、円錐形のポケットコイル(独自開発)を使ったウルトラ集積配列、そして細くてストロークの長いポケットコイルを使った並行配列のあわせて4タイプをご用意し、ポケットコイルへの多様なニーズに応えるラインナップを揃えています。

ふんわりソフトな寝心地(並行配列)【F1-P】

並行配列は樽型のポケットコイルスプリング(線材の太さ1.9ミリ)を一列ずつ整列させています。

交互配列よりコイルの数が相対的に少なく配置し、ふんわりソフトな寝心地をお求めになるお客さまにお勧めです。

サイズ コイル数
PS(パーソナルシングル) 510本
S(シングル) 540本
SD(セミダブル) 660本
D(ダブル) 750本
Q(クィーン) 810本

並行配列のコイル配置並行配列の体圧分散図 体圧分散図

ほどよい硬めな寝心地(交互配列)【F-1N】

交互配列は樽型のポケットコイルスプリング(線材の太さ1.9ミリ)より多くスプリングが集積され、ほどよい硬さの寝心地をお求めになるお客さまにお勧めです。

サイズ コイル数
PS(パーソナルシングル) 618本
S(シングル) 646本
SD(セミダブル) 758本
D(ダブル) 870本
Q(クィーン) 926本

交互配列のコイル配置交互配列の体圧分散図 体圧分散図

どっしりハードな寝心地(トルネード集積配列)【F1-T】

ウルトラ集積配列(愛称:トルネード)は、円錐形のポケットコイルスプリング(線材の太さ1.9ミリ)が隣同士上下逆に配列しています。
世界初の構造をしたポケットコイルスプリング(特許登録NO.第3553346号)は3つのタイプの中で最も密度の高いマットレスです。

コイルの剛性が高く最も振動が伝わりにくく、隣接するコイルと線で接触しているため、しっかりしたハードな寝心地をお求めになるお客さまや、タタミの寝心地を好まれる高齢者の方にお勧めです。このポケットコイルスプリングは世界中でドリームベッドだけが製造しているものです。

サイズ コイル数
PS(パーソナルシングル) 760本
S(シングル) 798本
SD(セミダブル) 950本
D(ダブル) 1102本
Q(クィーン) 1117本

トルネード集積配列のコイル配置トルネード集積配列の体圧分散図 体圧分散図

より繊細な上質のフィット感を求めるお客さまのためにさらに細い線径のポケットコイル『マイクロドリーム』をご用意しました

マイクロドリーム』最大の特徴は、圧倒的にコイル数が多く、マットレス内のポケットコイルが従来の約2倍となり、からだをきめ細かく支えます。

コイルの太さ(線径)は通常の1.9ミリより細い1.5ミリと1.3ミリを使った並行配列仕様で、コイルの中央巻径も60.0ミリから41.8ミリとなり、線径の細い線材を自体の持つソフト感を高集積な並行配列にすることで、繊細で上質なソフト・フィット感を実現しています。

コイルのストローク(高さ)も従来の147ミリから195ミリと32%高くなり、コイルの巻数が9.5巻(通常6.5巻)と多く、コイリング時に無理な応力をかけていないため、へたりが少なく耐久性が向上しています。

高集積配列のコイル仕様では、エッジ部分の横揺れや落ち込みなどの懸念もありましたが、マイクロドリームでは、1.3.ミリ線径コイルを中央部分に配し、エッジ部分には補強効果として1.5ミリの異なったコイル配列を施すことによりエッジ部分の安定感を強化しています。

サイズ コイル数
φ1.3 φ1.5 合計
PS(パーソナルシングル) 702本 378本 1080本
S(シングル) 741本 384本 1125本
SD(セミダブル) 936本 414本 1350本
D(ダブル) 1092本 438本 1530本
Q(クィーン) 1209本 456本 1665本

高集積配列のコイル配置高集積配列の体圧分散図 耐圧分散図

PAGE TOP