コントラクトについて

実績・お取引先様からの声

Dream clinic

株式会社 チョイスホテルズジャパン 代表取締役 村木敏雄 様より

株式会社 日本チョイスBED、BATH & BREAKFASTの「3B」は、エコノミーホテル業態の評価のメインテーマであります。
多くのメジャーホテル企業は、客室家具はもとよりBEDを重要な戦略商品と捉えています。日本チョイスにおいても、あらゆる「FFE」(家具・什器・備品)を見直し、安眠と休息がベーシックかつ最重要ポイントと考えています。

今回、「ドリームクリニック」を導入実施いたしました。ベッドのローテーションをはじめとして、照明、内装、家具の機能チェック、音の問題に至るまで宿泊利用者の立場で診断され、その奥の深さときめ細やかな診断資料に感心いたしました。
今後はさらに、この科学的診断を進化され、顧客満足の向上とホテル事業の強力なサポートとなることを期待いたしています。

新神戸開発株式会社  宿泊部 客室マネージャー 奥田建身 様より

新神戸開発株式会社新神戸オリエンタルホテルは開業以来13年を迎え、全600室(1038台)のベッドがどのような状況であるのか?今後のメンテナンスをどのように計画し実施していくのかを検討するために、マットレス、及びベッドボトムの診断をお願いすることになりました。

外観検査、構造検査の両面から細部にわたる点検、診断を実施していただきました。提出していただいた「ドリームクリニック」ベッド点検報告書を見てびっくり。ベッドのことなら何でもわかるすばらしい「ベッドカルテ」です。今後の客室メンテナンスに大いに役立つと思います。

株式会社 大阪マルビル  宿泊部 副総支配人 塚本涼 様より

株式会社 大阪マルビルホテルの客室備品において見落としがちなのが、ベッドのメンテナンスではないでしょうか。お客様の心身を「癒す」大切な役割を果たしながら、700台を超えるベッドの「寝心地」を、日常的に1台1台調査することはとても困難でした。

「ドリームクリニック」、特にベッド診断をお願いして驚いたことは、数多いサンプリングについて、短時間で的確な現状の評価がいただけたことです。「ベッドのプロ」の視点で、具体的なチェック項目について、細かく診断をいただいた結果は、大変説得力があり、当社のリニューアル実施計画に大変役立ちとても感謝いたしております。

益田セントラルホテル  支配人 松岡郁夫 様より

益田セントラルホテル同市内に新築のホテルがオープンし、当ホテルの宿泊者数に影響が出てくる状況の中、客室診断を経て、ベッドをシングルよりセミダブルへ入れ替えた効果により、当ホテルの評価が上がり、固定客を新ホテルへ取られることを最小限に止めることが出来たと感じています。
また、常連のお客様より非常に良い反応が見られ、新築ホテルオープン後も以前の客室稼働率の維持に貢献していると思われます。


ロワジールホテルオキナワ  宿泊課 副支配人 仲松弘 様より

ロワジールホテルオキナワホテルサービスの一環として、より快適な眠りをお客様に提供させていただくため、平成11年、12年と「ドリームクリニック」を依頼し、その診断結果に基づいて毎年改善購入を進めております。

今後も、おもてなしの心を大切に中長期計画を立て、より一層のサービス向上に努めて参りたいと思っております。


PAGE TOP