ベッドデザインコンテストBed design contest

第3回 ベッドデザインコンテスト結果発表

第3回ベッドデザインコンテスト

夢をはぐくむひとりひとりに、快適で美しい暮らしを提供することを基本理念にしているドリームベッドでは、一般の皆様から広くデザインの募集をする第3回ベッドデザインコンテストを開催いたしました。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

応募総数は全366件(ベッド部門292件、ソファベッド部門74件)となり、ここにグランプリを発表させていただきます。

ベッド部門

ベッド部門の受賞作品発表はこちら

ソファベッド部門

ソファベッド部門の受賞作品発表はこちら

募集要項 ベッド部門・ソファベッド部門

応募総数

366件

応募期間

2011年8月1日~10月31日

テーマ

あなたにとっての理想の製品を、自由な発想でデザインしてください
※素材やサイズなどは、製品化が可能な仕様でお願いいたします。

テーマは自由ですが、参考例として、以下のようなものが考えられます。

  1. デザイン性に優れ、高額でも欲しくなるような、ストーリー性のあるベッドやソファベッド。
  2. 新しいアイディアが盛り込まれたベッドやソファベッド。ベッド生活の不満を解決する内容で、多くの共感を生むもの
  3. 子供向けベッドの新しい提案。多くの子供や親たちが望んでいるものを反映させたベッドやソファベッド。
  4. 空間を上手に利用した、一人暮らしの方向けに特化した、ベッドやソファベッドの提案。
  5. 地球環境を考慮した低炭素社会に向けてのベッドデザイン提案。今問題になっている地球環境に少しでも貢献できるベッドのアイディア。

懸賞(各部門とも共通)

グランプリ

人数各部門より1名様

副賞賞金3万円
         応募作を制作・プレゼント

グランプリ

人数各部門より1名様

副賞賞金1万円

グランプリ

人数各部門より5名様

副賞記念品

※応募作品が商品化された場合は規定のロイヤリティをお支払いします。(出荷価格の3%)

審査員

寺原芳彦氏

寺原 芳彦 氏
BY・STEP デザイン研究室主宰。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科教授。


武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。インテリアプロダクトのデザイン、乗用車のインテリアデザイン、狭小空間HUT のデザインと研究、LOW SEATING 環境形成の実験とデザイン及び研究、生産住宅アドヴァンスデザインと研究、チャールズ・イームズの研究、名作椅子に関する多角的分析と研究を行っている。 LIVART FURNITURE(SEOUL) デザインコンペティション審査員、毎日ID 賞受賞、JID 賞(日本インテリアデザイナー協会)受賞、チタニウムチェア他ヴィトラデザインミュージアム・埼玉県立美術館収蔵、その他受賞、講演、審査員多数。

マダム 路子氏

マダム 路子 氏
魅力学研究家。作家。早稲田大学講師。国際魅力学会主宰。


かつては美容家・山野路子として山野美容王国の一翼を担い、モデルとしても国際的に活躍。その後、マダム路子に改名、独自の「魅力学」を体系化し「国際魅力学会」を設立。現在、魅力学研究家としてだけでなく、エッセイスト、作家としての活動の幅を広げる。「サンデージャポン」「リンカーン」「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」など、数多くのTV番組に出演。お笑い芸人として、また最近では映画監督して活躍する品川ヒロシの母としても知られている。 『愛があれば大丈夫! 品川家のしあわせ』(ロングセラーズ社)、『今の自分を「変えたい!」あなたに』(海竜社)他、著書多数。

ベッド部門

ベッド部門の受賞作品発表はこちら

ソファベッド部門

ソファベッド部門の受賞作品発表はこちら

お問い合わせ窓口

受賞作品に関するお問い合わせはこちらまでメールにてお問い合わせください。
『第3回ベッドデザイン・コンテスト』事務局 担当:芥

※選考結果に関するお問い合わせには応じられない場合がございますのでご了承くださいませ。

PAGE TOP