ベッドデザインコンテストBed design contest

第2回 ベッドデザインコンテスト結果発表

第2回ベッドデザインコンテスト

夢をはぐくむひとりひとりに、快適で美しい暮らしを提供することを基本理念にしているドリームベッドでは、一般の皆様から広くデザインの募集をする第2回ベッドデザインコンテストを開催いたしました。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

前回を上回る応募総数全372件(デザイン部門291件、アイデア部門81件)となり、ここにグランプリを発表させていただきます。

デザイン部門

あなたにとっての理想のベッドを自由な発想でデザインしてください。
デザインのテーマは特に制限はなく、自由に発想してください。
ただし、商品化する場合に実現可能なものを基本とし、選考をさせていただきます。

受賞作品の発表はこちら

アイディア部門

理想のベッド、あこがれのベッド、また「こんなデザインのベッドがあったら楽しい」といった、ベッドに関するアイデアなら、どんなものでも結構です。絵で描いても文章で書いても構いません。
また既存のベッドに「こんな工夫をしたらもっと良くなる」といった、パーツやプラスアルファのアイデアも受け付けます。

自由な発想のデザイン、アイデアをお寄せください。

受賞作品の発表はこちら

 

審査員

寺原芳彦氏

寺原 芳彦 氏
BY・STEP デザイン研究室主宰。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科教授。


武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業。インテリアプロダクトのデザイン、乗用車のインテリアデザイン、狭小空間HUT のデザインと研究、LOW SEATING 環境形成の実験とデザイン及び研究、生産住宅アドヴァンスデザインと研究、チャールズ・イームズの研究、名作椅子に関する多角的分析と研究を行っている。 LIVART FURNITURE(SEOUL) デザインコンペティション審査員、毎日ID 賞受賞、JID 賞(日本インテリアデザイナー協会)受賞、チタニウムチェア他ヴィトラデザインミュージアム・埼玉県立美術館収蔵、その他受賞、講演、審査員多数。

マダム 路子 氏

マダム 路子 氏
魅力学研究家。作家。早稲田大学講師。国際魅力学会主宰。


かつては美容家・山野路子として山野美容王国の一翼を担い、モデルとしても国際的に活躍。その後、マダム路子に改名、独自の「魅力学」を体系化し「国際魅力学会」を設立。現在、魅力学研究家としてだけでなく、エッセイスト、作家としての活動の幅を広げる。「サンデージャポン」「リンカーン」「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」など、数多くのTV番組に出演。お笑い芸人として、また最近では映画監督して活躍する品川ヒロシの母としても知られている。 『愛があれば大丈夫! 品川家のしあわせ』(ロングセラーズ社)、『今の自分を「変えたい!」あなたに』(海竜社)他、著書多数。

PAGE TOP