快適な寝室と室内環境を考えるみなさまに、とっておきの情報をお届けします。

2016年12月20日

日中の効率アップのために十分な睡眠を [東京ショールーム]

161220.jpg

十分な睡眠時間の確保が難しい人が増えています。

睡眠には、『体』と『頭脳』の休息と回復という大きな意味があります。
十分な作業が可能なのは、起床後12~13時間が限界であり、起床後15時間以上では酒気帯び運転と同じ程度の作業能率まで低下すると言われています。
睡眠は日中の能力を最大限に発揮するための大切な要素です。

睡眠時間は7時間~8時間が良いと言われますが、必要な睡眠時間は年齢や季節に応じて異なります。
おおよその目安は、日中の仕事や活動に支障をきたす程度の眠気でなければ、睡眠は足りていると考えられます。

生産性、効率、健康のための眠りを考える時間が必要と考えています。

ドリームベッドでは、人それぞれで違うお好みの寝心地をしっかり見つけていただけるよう、様々なタイプのマットレスを数多くご用意しております。リラックスできる心地よいマットレスを体感しながら、ご自身の睡眠について少し考えてみる時間を持ってみてはいかがでしょうか?
ぜひ、ショールームにご来場ください。

ドリームベッド東京ショールームへのアクセスはこちら

バックナンバー

更新情報を受取る

PAGE TOP